12月4日(月) OKANの礼状
 
 合わせて、PTAの方々、生徒たちへの礼状が添えられていました。 

 ♪人として出逢えたこと、痛く幸せに思う♪
 ♪「できるか」「でけへん」やない、「やるか」「やらへんか」や♪

 心に沁みるフレーズです。

 正面玄関、職員室前に掲示してあります。来校の際はご覧ください。

 12月4日(月) OKANからサインが届きました
 
 先月、70周年行事でライヴをしていただいたミュージシャングループ「おかん」のみなさんからサインが届きました。ありがとうございます。

 これからも、たくさんの中学生たちに、あの素敵で、熱いメッセージを届けてください。

 
 ご活躍を祈念しています。


 

 11月24日(金) 1年1組 国語
 お茶の水女子大学付属中学の先生が来校して、1−1で「聴き上手になろう」というテーマで国語の授業をしていただきました。
 意地悪な聴き手を演じると、二人の会話がすぐに途切れてしまいます。いっぽう、目を見て、所々で相槌を打ったり、途中で質問を入れたりすると、ドンドン話がつながっていきます。
 基本は「聴く」こと。聴き上手になることが、話し上手になることでもあり、人とつながっていく原点であるという授業内容でした。
 生徒たちは先生の話を聴いて、楽しそうに、一生懸命考えていました。

 11月22日(水) 2年1組 理科
 今日の5限目は、大西先生の理科の提案授業でした。「風はなぜ起こるの?」という課題です。
・高気圧から低気圧へ空気は流れるから風が起きる。
・温度が高いと空気が上昇するので、低い方から空気が流れて風になる。等々
生徒たちは自分の考えを出し合います。たとえ間違っていても全然恥ずかしくない、きちんと他の子たちが聴いてくれる。そんな温かい雰囲気に包まれた授業でした。

 11月18日(土) 創立70周年事業
 中学校誕生70周年の節目の年、PTA主催による記念事業が行われました。
 第一部では、光風中学校の変遷が写真で紹介されました。1947年(昭和22年)に桑名中学校が開設され、翌年3校に分かれ、その3つ目の第三中学校が同年9月「光風中学校」と命名されました。現在地に木造校舎が建てられたのが1952年(昭和27年)、現在の校舎が完成したのが1975年(昭和50年)です。
 第二部は、4人グループ「おかん」によるコンサートでした。力強い、情熱に溢れた歌声に乗せて、たくさんの人生メッセージを伝えていただきました。大人も子どもも観客全員感動しました。生徒会執行部、吹奏楽部のみなさん、ありがとう。その模様は後日、中日新聞、桑員ホームニュース、そしてケーブルテレビで放映される予定です。
 また、PTAのOB御一同様から温かい祝電もいただきました。「PTAの皆様、母校を支えて下さりありがとうございます。生徒諸君!私たちは卒業しても在校生の皆さんの明るい未来を応援しています。素敵な花を咲かせてください。」OBの皆様、母校であるこの光風をいつまでも応援していただきまして本当にありがとうございます。
 一人一人の心に沁みる土曜授業でした。「おかん」のみなさん、ありがとう! 
 

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51
[管理]
CGI-design